親友のカレシにハメられた私は何時間も何回もイカされ続けた:クリムゾン

しんゆうのかれしにはめられたわたしはなんじかんもなんかいもいかされつづけた「親友のカレシにハメられた私は何時間も何回もイカされ続けた」のあらすじ | ストーリー
私は佐伯姫子。その日は同じ大学のテニスサークルに所属している親友の真知子の家で夜遅くまで飲みながら真知子の愚痴を聞いていたんだけど、飲みすぎて酔っ払ってた真知子が突然私にイタズラし始めたの…もともとレズっ気のあった真知子はイタズラをどんどん過激にしていって…(ダメ…!このまま続けたら…イッちゃう…!)ってときにやってきたのが真知子のカレシだったの。真知子のカレシは真知子に電話がかかってきて隣の部屋に移動した隙に、私に襲い掛かってきて…!?